[前のページ] [1] [3] [11] [20] [次のページ]

CID-UNESCO-TOKYO ユネスコ国際ダンスデ― ワークショップ開催!

2016年3月23日更新

今年もこの日がやってきました!毎年4月29日(水)は、ユネスコ国際ダンスデーとなります。
世界中でこの日を記念してダンスにまつわるいろいろなイベントが開催されます。
より多くの人達にダンスにふれあう機会を提供するために。
そして世界にあふれるたくさんのダンスを知っていただく機会を提供するために。
いろいろなダンスにふれていただくことで、カラダを動かすことのたのしさや、ココロがスッキリと開放されていく瞬間を多くの方と分かち合いたいと思っております。

今回は、実際にカラダを動かす『ダンスワークショップ』と世界のダンスを知っていただくための『レクチャー(講義)』をご用意しました。
今年もダンスの魅力あふれる時間を皆さんとともにしたいと思いますのでダンスを通じて充実した感動あふれる時間をお過ごしください。
皆様のご参加を心よりお待ちしております♪


■イベント名 :
CIDユネスコ国際ダンスデ― ワークショップ&レクチャー

■開催日 :
2016年4月29日(金・祝)

■時間 :
13:00~16:00

■場所 :
四ツ谷 GLADDORI (JR四ツ谷駅から徒歩8分)
東京都新宿区四谷1-15アーバンサカス8
http://www.gladdori.com/
(会場Facebookの地図に誤りがありますので、必ず住所で検索してください)

■内容 : ※ご挨拶・途中休憩あり
(1)氣とダンス(モダンダンス)・・・亜甲絵里香(当CID-UNESCO-TOKYO 会長)
(2)レクチャー・・・國枝タカ子(CID-UNESCO-TOKYO顧問・芸術学関連学会連合委員)
(3)ハワイアン フラ・・・柴田富美子(CID-UNESCO-TOKYO会員)

■参加費 :
CIDユネスコ東京会員:4,000円(税込)
一般参加:4,500円(税込)
子ども(小学生~中学生):2,000円(税込)

*上記参加費は、ワークショップ・レクチャー全て受講しての金額となります。

■お申し込み :
参加ご希望の方は「参加申込書」に必要事項を記載の上、Email・FAX・TEL宛いずれかにお申込み下さい。
「4月29日 ユネスコ国際ダンスデ―参加申込書」(wordファイル)
「4月29日 ユネスコ国際ダンスデ―参加申込書」(PDFファイル)
※参加可能人数に限りがございますのでお早めにお申し込みください。

■お問い合わせ :
一般社団法人エリカアコオ・グローバルダンスシアター
E-mail:event@cid-tokyo.org
TEL:046(210)8650 / FAX:046(225)9225

4月29日 ユネスコ国際ダンスデ― ワークショップ開催のお知らせ(PDF)

ユネスコ国際ダンスデ― ワークショップ開催のお知らせ

KAN-ICHI、スイスのダンスカンパニープロジェクトに出演!

2016年3月3日更新

KAN-ICHI が今春にスイスへ渡り、フリブールを中心に活動をしているTonia Schillingダンスカンパニーの新作『レクイエム』に出演することが決定いたしました。

Tonia Schilling はCIDユネスコ会員でもあり2014年に日本で開催された「ワールドダンスコングレス」に出演。KAN-ICHI との交流を深め、彼女の新作への参加を依頼された。

今回の新作『レクイエム』の制作、発表には出身、宗教、信条がさまざまで異なり、心構えや人生経験、死についての個人的な疑問などを分かち合う事のできるダンサーが選び出されました。
『レクイエム』は、振付家の20年近くにわたる私的で芸術的な探索過程の成果でもあります。

地球レベルの協力と相互理解がますます必要不可欠とされてゆく現代において『レクイエム』をテーマに多国籍のダンサー達と共に"生"、そして"死"について考え創作してゆく過程はKAN-ICHI 、そして共に演じるダンサーにとって次なる成長への貴重な機会と時間となります。

【スケジュール】
2016年3月29日 スイスのフリブールで創作開始
2016年4月1日 ニュイトニー劇場(フリブール)、劇場入り
2016年5月10日 ニュイトニー劇場での初演
2016年5月11日-15日 ニュイトニー劇場での公演

出演者:ダンサー7人

URL : http://www.equilibre-nuithonie.ch/fr/15-16/spectacles/513/

KAN-ICHI

Tonia
Photo: TONIA SCHILLING COMPANY, «Blue Water», 2012, STEMUTZ.COM

亜甲絵里香、瀬河華織がワシントンDC、「全米桜祭り」で公演!

2016年2月26日更新

この度、一般社団法人日本グローバル・イニシアティブ協会様よりご支援を受けて、当ダンスシアター主宰者亜甲絵里香とダンサー瀬河華織が、今春4月に「全米桜祭り」のイベントに併せ、米国の首都ワシントンDCで、「薩摩琵琶-日本舞踊」の公演を行うことが決定いたしました。 2014年開催、ワールドダンスコングレスにもご出演頂いた薩摩琵琶錦心流一水会 初代会長の田中井 琇水氏との共演で日本の芸術を広くご紹介させて頂きます。DC近郊の高校でもレクチャーとデモンストレーション、公演を行います。

この公演は在米大使館並びに日米協会からも後援を受け、大きな成果が期待されています。

この公演の記録を残し、海外への紹介と発信を目的に、小冊子の編集を予定しています。
小冊子の製作に、この度クラウドファンディングREADYFORによる支援ページを公開しました。


公開のURL:https://readyfor.jp/projects/satsuma-biwa


是非、一人でも多くの方に、この活動をご理解頂き、ご支援・ご協力をお願い致します。
また、ご関心がある方々に、広くご回覧頂ければ幸いです。


■日程
  • 4月5日(火)出発
  • 4月6日(水)在アメリカ合衆国日本大使館文化広報センター訪問と挨拶
  • 4月7日(木)ジョージワシントン大学テキスタイル美術館にて公演
  • 4月8日(金)トーマス・ジェファーソン科学技術高校にてレクチャーとデモンストレーション
  • 4月11日(月)ウォルト・ウィットマン高校にてレクチャーとデモンストレーション
  • 4月12日(火)フォールズ・チャーチ高校にてレクチャー、デモンストレーション・公演

■後援

一般社団法人ユネスコ国際ダンスカウンシル東京
在アメリカ合衆国日本大使館
ワシントンDC日米協会


Erika Akoh,Shusui Tanakai 20141024 performance KaoriSegawaUNESCO

~バロック音楽&コンテンポラリーダンスの新たなる融合~
「フランスの風」KAN-ICHI出演のお知らせ

2016年2月22日更新

来る6月10日(金)に、KAN-ICHIがバロック時代の楽器を演奏されている演奏家の方々とコラボレーションパフォーマンスを開催することとなりました。
KAN-ICHIは10年以上に渡りフランスにて舞踊活動をし、フランス国家公認ダンス教師免状を取得しています。同じく演奏家3名もフランスを拠点に演奏活動をしており、チェリスト・ラファエル・ピドゥー氏はパリ・オペラ座エトワールとの共演経験もある実力家です。イベントを主催するチェンバロ奏者、植山けいさんからのご依頼により今回のコラボレーションが実現されることになりました。
バロック時代の楽器"バロックチェロ""チェンバロ"とコンテンポラリーダンスとの融合を是非お楽しみください。

詳細、お申し込みは下記のリンクより、または当会へお問い合わせください。
お申込み : http://www.kayueyama.com/concert-2/

【日程】
日時:2016年6月10日(金) 19:00開演(18:30開場)
場所:ルーテル市ヶ谷ホール
チケット:一人 5,000円、ペア券 9,000円 (税込・全席自由)

*すでにチケットは販売されており早い段階で売り切れとなる場合がございますのでお早めにお申し込みください。

詳しくは下記チラシをご覧ください。
「フランスの風」~バロック音楽&コンテンポラリーダンスの新たなる融合~チラシ(PDF)

~バロック音楽&コンテンポラリーダンスの新たなる融合~「フランスの風」 表 ~バロック音楽&コンテンポラリーダンスの新たなる融合~「フランスの風」 裏

TOM WEKSLER ワークショップ -2016スプリング- 受講者募集

2016年2月2日更新

昨年、9月に好評を得たイスラエル新鋭のダンサー・コレオグラファー、トム・ヴェクスレールが再度来日します!
今回はたっぷりと二日間のワークショップをお楽しみいただけます。
この機会に是非、トム・ヴェクスレールの世界観を存分に堪能ください。

*予定しておりましたトム氏のソロパフォーマンス上演は、都合により中止となりましたのでご了承ください。

講師 トム・ヴェクスレール Tom Wekslerphoto:Levi Gershkowitz

【講師】トム・ヴェクスレール | Tom Weksler
幼少の頃からカポエイラ、武道、様々なアクロバティックの分野を経て、ダンスを始め、世界中の多くの劇場やフェスティバルに参加。WS講師としてロンドンやアムステルダムなどに招待され各国で定員オーバーになるほどの話題を呼び、カリフォルニア、メキシコなどでもWSを成功させています。

2009年にイスラエルのThe Workshop For Dancers and Choreographers in Haifaを卒業。
2010年からインバル・ピント&アヴシャロム・ポラックダンスカンパニーに所属、世界中の多くの劇場やフェスティバルに参加。
2014年にはJozef Fruek and Linda Kapetneaによる『R ootressroot』と『DOT504』という新作に出演をする。
動画 : https://www.youtube.com/watch?v=QGZiAb6DiZc

【日 程】
ワークショップ:

2016年3月20日(日)     13 :00-17 :00
2016年3月21日(月・祝)   12 :00-16 :00
受付:各クラス30分前開始
料金:各クラス4500円(税込)*4時間クラス
*二日間受講 8000円(税込)

定員 : 各クラス、約20名
対象:ダンサーや、身体を使うことの経験者。
(ブレイクダンサー、武道、カポエイラ、アクロバットなど)
*未経験者も可能。

講師 トム・ヴェクスレール Tom Weksler 2photo:Levi Gershkowitz

【ワークショップ内容】
ワークショップは3つのパートで構成されています。


パート1:ウォーミングアップ
トムのウォーミングアップに対する考えは、ダンサーやパフォーマー達に必要な身体を少しずつ繊細に、正確に動かしていき調子を確認、上げていくものです。
ガチャヤ(シャドウ)ヨガ、(特にバラクラマ(Balakarma)系統)、武道等からインスピレーションを得たものをベースに展開していきます。
ウォーミングアップは私たちの目から最も離れている身体の部位、例えば足などをほぐすことから始め、部位の末端部分をもっと感じるために、円や螺旋を描くような穏やかな流れの動きを行います。そして、バランスをとるのためのツールである手首や首の柔軟な機能を守りながら、体を動かすための導入を行います。

パート2:フロアワーク
トムのフロアーワークは、身体の"危機管理"に対しての仕組みを考えるもので、そのメカニズムは、一つのジャンルだけで経験するよりもはるかに大きな自由、解放へとつながります。落ちることや転がること、崩れること、はじき飛ぶことなど、流動的でダイナミックな運動を取り入れることで、ダンスや陸上競技、武道等における"故障"を減らし、なくすことを目指します。
練習は、日常的でシンプルな動きと、複雑なアクロバティックな動きの両方で構成されていて、どちらが重要か否かの区別なく行なっていきます。このアプローチは、動物界、カポエイラ、テコンドー、パルクール、ブレイクダンス等の性質、影響から生まれており、新しい角度から身体の機能的な動きへと導きます。

パート3:アーチェリー
アーチェリー練習とは、戦いでもなくダンスでもない、その間に存在するムーブメントを探す練習のことで、練習は二人以上の参加者が必要となります。
相手との一定距離を守り、触れることなくでも触れようとトライしていくことでシャープな動きと円を描く動き両方が徐々に広がり意識の高い"戦術的"で流れるような動きになっていきます。
この"ゲーム"は参加者たちのコミュニケーションの上に成り立っているので、やり方やルールが常に変化していきます。「子供の頃はこんなこと当たり前にやっていたのに、現代社会の中で自分も大人になり失ってしまった、、」それを改めて体感するきっかけになるでしょう。アーチェリー練習は参加者の要望や情熱によって構成されるので、常に内容が変化していきます。

【会場】
一般社団法人エリカアコオ・グローバルダンスシアター
住所 : 神奈川県厚木市寿町3-14-2 ※小田急線本厚木駅より徒歩12分
アクセス : http://www.erika-gdc.com/access/index.html

【お申し込み】
「TOM WEKSLER ワークショップ -2016スプリング- 参加申込書」(wordファイル)
「TOM WEKSLER ワークショップ -2016スプリング- 参加申込書」(pdfファイル)

当用紙を郵送・FAX・メールにてご提出ください。
※申込書のダウンロードが出来ない場合は、氏名、住所、年齢、性別、電話番号、メールアドレス、希望内容などの情報を記入して直接送信ください。
※参加可能人数に限りがございますのでお早めにお申し込みください。

【お問い合わせ】
一般社団法人エリカアコオ・グローバルダンスシアター
E-mail:info@erika-gdc.com
TEL:046(210)8650 / FAX:046(225)9225
HP:http://erikaakoh.com/

[前のページ] [1] [3] [11] [20] [次のページ]

Biography
過去のニュース
  • 亜甲絵里香
  • 瀬河寛一
  • 瀬河寛司
  • 瀬河華織