[前のページ] [1] [11] [16] [20] [次のページ]

”CID-UNESCO-TOKYO ユネスコ国際ダンスカウンシル東京”
設立のお知らせ

2012年2月2日更新

この度は皆様に国際組織団体"CID-UNESCOユネスコ国際ダンスカウンシル"の 日本支部である"CID-UNESCO-TOKYO ユネスコ国際ダンスカウンシル東京" がCID本部の認可により正式に設立致しましたことをお知らせ致します。

CID-UNESCOは、世界中の国々のあらゆるスタイルのダンスのための公的組織です。
世界的な規模であらゆる分野の踊りを通して、芸術向上に対する共通の意識を持ち、「希望・愛・平和」を築き上げることを目的としています。1996年より亜甲絵里香がCID-UNESCO(ユネスコ国際ダンスカウンシル)日本代表会員として信任され日本と海外のダンスの架け橋と成るべく国際的な芸術文化交流に努めてきました。結果現在の会長であり、ギリシャの民族史学的研究家のアルキス・ラフティス氏より多大な信用を得て"CID-UNESCO-TOKYO ユネスコ国際ダンスカウンシル東京"の会長に亜甲絵里香、そして副会長にKAN-ICHI(瀬河寛一)、安田敬が就任致しました。

これを機に日本において多くの人々が、世界的な規模であらゆるジャンルの踊りを通して「希望・愛・平和」を築き上げることを目的として活動を出来る環境をつくり、広げていきたいと願う次第です。

また"CID-UNESCOユネスコ国際ダンスカウンシル"の最大のイベントある"CID-UNESCO ワールドダンス・コングレス(ダンスの祭典)"の日本での初の開催を日本政府観光局(JNTO)のご支援の下、昨年より進めて参りました。
CID本部の認可により正式に日本支部設立後12月に千葉県の助成金の内定が決定し、今年の1月上旬には正式に千葉を国際ダンス会議(ワールドダンス・コングレス)開催予定都市として決定致しました。

1月26日(木)にはちば国際コンベンションビューロー主催の「平成24年新春会員交流会」の開催に伴い、補助金対象国際会議の第一号ということで交流会への出演ご依頼を頂き参加して参りました。

20110413122116

「スリランカ・キャンディアン・ダンス」を披露した瀬河華織と
代々引き継がれているスリランカ舞踊の舞踊家、スサンタ・スラセナ氏

当日は亜甲のトークのあと過去に開催致しましたインターナショナルダンスコンサートからの選抜映像上映会があり、瀬河華織と代々引き継がれているスリランカ舞踊の舞踊家、スサンタ・スラセナ氏「キャンディアン・ダンス」の踊りの披露、最後に亜甲の指導による参加者全員一緒でのダンス体験というような流れでした。日常において余りダンスに縁のない企業家の面々にも興味を持っていただきました。普段ダンスに触れる機会が少ない人達にも、見せて伝えていくというのは大事ですね。会員の皆様方に楽しんで頂き、同時にダンスコングレスのアピールを存分にすることが出来ました。また 翌日には千葉日報や日経新聞などにも掲載して頂き広く "CID-UNESCO ワールドダンス・コングレス(ダンスの祭典)"のことを知って頂くことに成功しました。今後も2014年開催を目的として準備を進めて参ります。

メトロポリタンオペラ
『Nixon in China/ニクソンインチャイナ』
METライブビューイングアンコール上映決定

2011年8月18日更新

この度今年2月から3月にかけて全国の映画館にて放映されました瀬河寛司出演の松竹系映画、
メトロポリタンオペラ『Nixon in China/ニクソンインチャイナ』 METライブビューイング2006-2011
アンコール上映が決定致しました。

アメリカを代表する舞踊団「アルビン・エイリー・アメリカン・ダンスシアター」で現在活躍中の瀬河寛司のダンスを日本で是非お楽しみください!!

METライブビューイング2006-2011 アンコール上映
8月13日(土)~9月23日(金・祝)
東劇(東銀座)にて先日終了したばかりの2010-2011シーズン全12演目を含め、過去シーズンから選りすぐりの24演目を一挙上映!

◆アンコール上映 作品概要と上映スケジュールはこちら↓
http://bit.ly/jGVued
※《ラインの黄金》の上映日が9/18(土)となっておりますが、正しくは9/18(日)です。謹んでお詫び申し上げます。
◆入場料金
1演目 3,000円(税込)
◆お得な特別鑑賞券4枚セット
10,000円(税込)〈2,500円×4枚〉
※ただし、《ワルキューレ》のみ4,500円で、4枚セット券はご利用いただけません。

4枚セット券と座席指定券は東劇窓口とローソンチケット(http://l-tike.com/cinema/met/)で販売中です。
※4枚セット券は東劇窓口で座席指定券と引き換えが必要です。

KAN-ICHIがフランス人演出家、ディディエ・ダブロフスキの
新作『金縛りKanashibari』(エチュード#1)に
出演致します。

2011年8月8日更新

20110808184058 20110808184106

シアターX (カイ) 提携公演
プロスペクト・テアトル公演
http://prospekt-teatr.com/#/page/3803365

『金縛りKanashibari』-睡眠麻痺-(エチュード#1)
ディディエ・ダブロフスキ演出、3人のダンサー、3人の俳優、2人の ミュージシャンによって構成される舞踏的演劇作品です。 この作品は、モーパッサンの短編小説「オルラ」から自由に着想を得ています。

『金縛りKanashibari』は、演者たち自らの豊かな創造性を具体化した集団創作であり、私達の抱えている不安、希望、時に満たされるが大抵はいつも抑えられている欲望、について問いを投げかけます。

演出/芸術監督
ダブロフスキ・ディディエ (Didier DABROWSKI)
演出助手/演出通訳
山上 優
音楽
大多和 正樹/中山 真一
照明
村山 寛和
照明操作
マーキュリー
制作
西村 光弘
コーディネイト
アンヌ=クレール・シュルピス
Avec / 出演
danseurs / ダンサー
KAN-ICHI
Natsuko KURODA / 黒田 なつ子
Azusa FUKUSHIMA / 福島 梓
comediennes / 役者
You YAMAGAMI / 山上 優
Rika KAMINODA / 神之田 里香
Chie KOBAYASHI/ 小林 千恵
gambiste /
ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者
 
Shin NAKAYAMA / 中山 真一
taiko /太鼓奏者
Masaki OTAWA /大多和 正樹
  • 2011年 8月25日(木) 19時30分~
  • 2011年 8月26日(金) 14時~/19時30分~
  • 2011年 8月27日(土) 14時~
  • 2011年 8月28日(日) 13時~/17時~
  • 全席自由・開場は開演30分前
  • 上演時間: 80分
  • 前売:3,500円
  • 学生:2,500円
  • 当日:3,800円
劇場 東京・両国 シアターX (カイ)
http://www.theaterx.jp/access.php
お問い合わせ / Contact
kamashibari@prospekt-teatr.com
080-3010-4949

瀬河寬司が
「アルビン・エイリー・アメリカン・ダンスシアター」に
入団致しました!

2011年7月19日更新

瀬河寬司が「アルビン・エイリー・アメリカン・ダンスシアター」に入団致しました!
日本人ダンサーの誕生は、茶谷正純さん以来24年ぶりの快挙となります!

この度、エリカアコオ・グローバルダンスシアター主宰の舞踊家・亜甲絵里香の次男の瀬河寬司が、アメリカを代表する舞踊団「アルビン・エイリー・アメリカン・ダンスシアター」と5月2日に契約を交わし、正式メンバーとして入団致しました。

photo1
「ロバート・バトル氏が新芸術監督に就任」

同時に本年7月1日からは、同舞踊団の芸術監督が、アルビン・エイリーの後を継ぎ、23年間にわたりカンパニーの更なる発展に努めてきたジュディス・ジャミソン女史が引退し、バトルワークス・ダンスカンパニーのロバート・バトル氏が就任することとなりました。

ジュディス・ジャミソンさんは、アルビン・エイリーの下で数々の名作を踊り、アルビン・エイリーの死去と同時に芸術監督に就任。今日までシアターと共に歩み、シアターの繁栄を築き上げてきましたが、今年6月で引退し、名誉顧問に就任することになりました。

「アルビン・エイリー・アメリカン・ダンスシアター」

「アルビン・エイリー・アメリカン・ダンスシアター」は1958年にアメリカの舞踊家アルビン・エイリーが設立しました。

代表作の「リベレーションズ」「クライ」「ブルース組曲」等、「ヒューマニティー」をテーマに、心の底からの表現と、ダイナミックで情熱的な動きで、世界的に絶大な人気を誇る舞踊団です。
現在までに全世界6大陸、71カ国、全米48州に於いて公演し、約23億人の観客を動員してきました。

photo2
左より、瀬河寬司、亜甲絵里香、茶谷正純さん、瀬河華織、寛一
「バトル氏と寬司の入団の意義」

この舞踊団は非常に入団の選考が厳しく、欠員が出ない限り募集も行われません。

今回ロバート・バトル氏の芸術監督就任に伴い、長年に渡り活動を共にしてきたバトル氏からの厚い信頼を受けて瀬河寬司の入団が決まりました。

10年以上もロバート・バトル氏と行動を共にし、その作品を踊ってきて、その芸術と心を完全に身につけてきているわけですから、茶谷正純さんがアルビン・エイリーの片腕として活躍したように、バトル氏の片腕として瀬河寬司が活躍をすることを期待しています。

かつてロバート・バトル氏は瀬河寬司についてこう言っています。 「彼は心を表現できる。彼が踊ると作品が新しいものに生まれ変わる。」と。

ロバート・バトル氏が芸術監督に選ばれた最大の要因に、アルビン・エイリーを直接知る人達が口をそろえて言われるのは「とにかく人間的にも性格的にも2人がそっくりだ」ということです。それとコレオグラファーとしての魅力だと思います。

つまり、バトル氏の就任によって、アルビン・エイリー・アメリカン・ダンス・シアターが原点に回帰することを意味していると私たちは考えています。

「日本人ダンサーの入団は24年ぶり」

日本人ダンサーの入団は、1972年から1987年まで同カンパニーのトップダンサーとして活躍された茶谷正純氏以来となり、24年ぶりの快挙となります。

茶谷さんは15年間トップダンサーとして活躍した後、1988年に引退。その後、同シアターのリハーサルディレクターを経て、現在は副芸術監督としてシアターの運営と発展のために力を奮っています。

瀬河寬司は物心のついた頃から、舞踊家である母について 踊りの心を学び、表現性のあるモダンダンスを踊ってきました。

今度の新しい旅立ちに際して彼は、「本当のスタートはこれからです。使命感を感じています。これから魂を込めて全身で世界中で踊りまくっていきたいと思います。心を込めて踊っていくので、これからのひとつずつを楽しみにして見届けて下さい。これから素晴らしいニュースをそちらへ提供し続けていきます。」という内容のメールを母親に送っています。
その通り、これからのひとつずつを楽しみにして見届けて行きたいと思っております。

photo3
左から寬司、華織、ロバート・バトル氏
世界ツアー/「タカデミ」エイリーカンパニー初演を踊る

カンパニーは現在10週間に渡るヨーロッパツアー公演を行っています。

6月21日に始まったノルウェー、オスロ公演を皮切りに、ロシアはモスクワ、サンクトペテルブルクでは歴史と由緒あるマリインスキー劇場での公演を行いました。ダンサー達と観客が一体となるエイリーカンパニーの公演は、毎公演手拍子と掛け声がやむことのない熱狂的な観客に迎えられています。

瀬河寬司はエイリー氏の名作「レベレーションズ」、「夜の生き物」、バトル氏の作品「ザ・ハント」、「ラブストーリーズ」など踊っております。

7月12日のドイツ、ベルリン公演初日ではバトル氏の代表作品であるソロ「タカデミ」を踊ります。

同作品は瀬河寬司がバトルワークス時代から何度も踊ってきた作品であり、今シーズンエイリーカンパニーの新しいレパートリーとなった同作品のカンパニー初演を飾るという大変名誉なことであります。

世界ツアーの日程は以下の通りです。
日付
都市 会場
6月21日(火)~
6月25日(土)
ノルウエイ オスロ オペラハウス
6月28日(火)~
7月02日(土)
ロシア モスクワ スタニスラフスキー劇場
7月04日(火)~
7月06日(土)
ロシア サンクト・ペテルブルグ マリインスキー劇場
7月12日(火)~
7月17日(土)
ドイツ ベルリン オペラハウス
7月19日(火)~
7月31日(日)
スイス チューリッヒ 11劇場
8月02日(火)~
8月14日(日)
ドイツ ケルン フィルハーモニーホール
8月16日(火)~
8月21日(日)
ドイツ フランクフルト オペラハウス
8月23日(火)~
8月28日(日)
ドイツ ハンブルグ ステートオペラハウス
アルビンエイリーアメリカンダンスシアター
創立者
アルビン・エイリー
芸術監督
ロバート・バトル
副芸術監督
茶谷正純
リハーサルディレクター
マシュー・ラッシング
名誉顧問
ジュディス・ジャミソン
http://www.alvinailey.org/about/company/alvin-ailey-american-dance-theater
http://pressroom.alvinailey.org/pr/ailey/document/Ailey2011InternationalTour_NewDancers_061511.pdf
瀬河 寛司(せがわ かんじ)

神奈川県出身。母、亜甲絵里香のもとでモダンダンスを始め、ユニークバレエシアターでクラシックバレエを堀内完、堀内充に師事。1997年文化庁派遣芸術家在外研修員に選出され渡米、エイリースクールで学ぶ。2000年?2002年エイリーIIに在籍。2002年~2010年まで振付家ロバート・バトルのバトルワークスダンスカンパニーに所属。

また2004年?2011年まで振付家マーク・モリス氏と仕事をし、数多くのモリス版プロダクションに出演した。2011年モリス氏振付によるジョン・アダムスのオペラ「ニクソンインチャイナ」に出演、メトロポリタンオペラにてプリンシパルダンサー役を努めた。その模様はメットライブビューイングプログラムにより全米各地1500の映画館ならびに世界54カ国の映画館で同時中継/再上演された。

指導者としても活躍し、全米各地の教育機関に招待され指導、振付を行っている。

2004年「ダンスプロジェクトニューヨーク(DPNY)」を設立 (www.dpny-us.org)。毎年アメリカ及び日本に於いてDPNYワークショップを開催、次世代のダンサー達の育成に情熱を注いでいる。

2011年4月DPNY主催「DANCE for JAPAN」東日本大震災/津波救済 ベネフィットダンスコンサートを開催、寄付金総額30万ドル(約240万円)を集めニューヨークの日本人協会ジャパンソサエティーに全額寄付した。2011年5月アルビンエイリーアメリカンダンスシアターに入団、ニューヨークを本拠地としながら世界各国にてツアー公演をし活動を続けている。

瀬河寛司 \\\\\\\"DANCE for JAPAN\\\\\\\" DPNY リポートレター

2011年5月30日更新

この度4月16日(土)にたくさんのアーティスト達の協力を得て実現致しましたダンスプロジェクトニューヨークのチャリティーイベントのレポートです。

■詳しくは以下のページをご覧ください。

http://www.bway.name/dpny/Danceforjapan2011.pdf
http://www.bway.name

[前のページ] [1] [11] [16] [20] [次のページ]

Biography
過去のニュース
  • 亜甲絵里香
  • 瀬河寛一
  • 瀬河寛司
  • 瀬河華織